引越し繁忙期に突入したので、料金が通常期の3倍にまで跳ね上がります!

見積もりを取ってみたら予想外の料金を出されて愕然としていませんか?

moving

 

この時期はどの業者も強気の価格設定を行っていて、料金の高さだけじゃなく予約はもう入れれないという所もありますので後で慌ててしまわないように記載します。

 

(繁忙期は4月半ば頃まで)

大手では、公務員であったり企業の引越しなど大口客をしっかりと押さえてトラックも手配しているため、

個人で3月中頃に見積もり予約しても空きが無く、すでに時遅しということが毎年頻繁に起こっています。

 

 

それじゃどうしようかという話になるのですが、引越し業者だけじゃなく、運送業者や軽貨物業者に依頼する方法もあります。

 

運送業者では幅広い輸送経路の単身パックがあり、軽貨物では近距離なら安く運べる業者もあります。

 

ただし、体験談としましては荷物が余りにも多すぎると当然ながら料金は高くなるので、運べない物と運べる物を分けて依頼する方法がお勧めです。

 

 

最近の需要の傾向として利用者が増えてきており、運搬が難しく素人では故障する可能性のある荷物だけを運んでもらう方法です。

 

 

特に家電は繊細なタイプの物が多く、家具であれば底抜けや傷、2階から降ろせないまた搬入出来ない難点があるので、ここだけを業者に任せてしまうということになります。

 

 

一家につき一台というトラックを貸し切る方法だと、業者にも自社台数に限りがあるため、

予約を断られたり料金が高額になってしまいますが、ほかの手段を選ぶ事で難なく安く引っ越しを出来る方法もあります。

 

この点はこちらに詳しく掲載されています。

家電を安く引っ越したい

 

業者一つずつ確認を取って行ってもラチが明きませんので、一気に見積もりを取ってしまう方法をお勧めします。

 

業者の見積もり額が揃ったら、確認事項は、

  • 荷物や建物の養生が費用に含まれているか、
  • 資材費は有料なのか無料なのか、
  • 約款に保険について記載されているか、
  • 作業時間は何時から開始なのか、
  • 人員スタッフは何名なのか、
  • トラックの大きさは何tクラスなのか

を確認してください。

 

引っ越しの約款は国土交通省に認可されたものでなければいけませんが、独自の約款を作成している業者もありますので、大切な荷物を守るためなので確認を必ず行うようにして下さい。

This entry was posted in 生活.