無農薬栽培の救世主・木酢液はスズメバチの攻撃性を弱める!

oil

木酢液(もくさくえき)という液体を知っていますか?

 

無農薬栽培の救世主ともいえる木酢液は、様々な効能を持った液体です。

 

成分は、木タール、酢酸、メタノール、アセトン、アセトアルデヒド、フェノール等ですが、炭を作る際に出る水蒸気を冷やして、液体にしたもので自然のものでから安心して使用できます。

 

主体は酢酸なので、酸特有の強い臭いが、動物や昆虫が苦手なのか寄ってきませんので、動物よけや虫除けに効果があると言われています。

 

私的には、庭に侵入してくる猫よけや、キッチンの三角コーナーの消臭などに使っています。

 

効能は幅広いですが、何よりびっくりするのは、スズメバチがこの臭いを嫌うらしいということです。

 

どうやら、普通の殺虫剤と異なり、ハチを錯乱させ攻撃性を弱める効果があると言われます。

 

羽もあり突然襲ってくる攻撃的で打つ手がないと言われるスズメバチが、攻撃性を弱めるということは画期的な撃退法でしょう。

 

だとすれば、山野の危険地帯を歩く時も、木酢液を小さなスプレーボトルなどに入れて持ち歩き、万一、スズメバチに遭遇してしまった時に噴射してその場から離れれば、刺されたりしないで済むでしょう。

 

他にも

  • ①薄めて葉っぱに散布で、成長効果
  • ②土壌に散布して微生物を活性化
  • ③除菌、炎症を抑える働き
  • ④水虫にも効果あり
  • ⑤野良ネコよけ効果

などがあります。

 

①については、1000倍以上に薄めて散布します。

そうすると、植物が健康になり病害虫にも強くなると言われています。

 

②については、土壌に散布すると、木酢液に含まれる有機物が、土壌の微生物を活性化させて、有機質が豊かな土にしてくれます。

 

 

③については、主成分の酢酸が除菌、炎症、またかゆみなどをおさえる働きあるので、アトピー性皮膚炎や乾燥肌、あせもなどの肌トラブルに効果があるといわれています。

 

木酢液を適宜お風呂に入れて使用すると効果的でしょう。

 

④については、木酢液を10倍に薄め、洗面器などに入れて患部を浸します。

 

これで水虫に効果が期待できます。

 

⑤については、木酢液の独特のツーンとくる匂いに苦手な野良ネコが嫌がるので、猫の侵入よけに効果があるのです。

 

このように、いろいろの使いみちがありますが、オーガニックな作物を作っている人には、救世主のような液体でしょう。

 

自然のものなので、人にも優しいということが特徴といえます。

 

This entry was posted in 生活.